生活支援について

生活サポートセンター

生活支援について(生活サポートセンター)

  • 仕事がなかなか見つからない
  • 仕事が長続きしない
  • 子どもの進学費用が心配
  • 引きこもりの子どもがいて将来が不安
  • 生活が行き詰った

など

「喜多方市生活サポートセンター」では経済的な問題や就労に関する悩みなどの、様々な不安や課題を抱えた方の相談に応じています。
解決に向けて相談支援員が寄り添いながら、相談者の主体性を尊重し、地域資源を包括的に活用して安心で安定した暮らしに向けて支援します。
お気軽にご相談下さい。


時 間
月~金曜日(祝日、年末年始を除く)8:30から17:15
相談先
喜多方市生活サポートセンター(社会福祉協議会本所)
連絡先
喜多方本所 0241-23-3231
その他
  • 相談無料
  • 全ての相談において秘密を厳守いたします
  • 対面相談だけでなく、電話での相談も受け付けております

家計相談支援

多重債務があり、返済が困難になっている方
収入よりも生活費が多く、借金に頼ったり、支払いを滞らせざるを得ない方
収入に波があり、収入を管理しにくいため家計が厳しい状態にある方
カードに頼って生活や買い物をして、いくら借金があるか把握していない方
収入はあるが家賃、水道光熱費、税金、学校関係納付金等の滞納を抱えている方
年金、児童手当、児童扶養手当等収入が月単位ではなく、2~4ヶ月単位の収入であり家計管理が難しい方

 など

家計に課題を抱える方からの相談に応じています。
家計相談員が一緒になり家計の状況を明らかにし、安定した生活への意欲を引き出すとともに情報提供や提案をすることにより、相談者自らの家計を管理する力を高め、早期に生活が改善されるよう支援していきます。
状況に応じた支援をして参りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

時 間         月~金曜日(祝日、年末年始を除く)8:30から17:15
相談先         喜多方市生活サポートセンター(社会福祉協議会本所)
連絡先         喜多方本所 0241-23-3231
その他         相談無料
            全ての相談において秘密を厳守いたします
            対面相談だけでなく、電話での相談も受け付けております

貸付制度

小口生活援助資金

他の貸付制度が利用できない低所得世帯で、緊急的に資金が必要となる世帯に対し、資金の貸付と援助指導を行い、自立更生や生活の安定を図るための制度です。
※上限額は1世帯あたり50,000円まで

生活福祉資金

低所得世帯等に対して「就労に必要な技術習得のための資金」や「修学に必要な資金」、「緊急で一時的に必要な資金」等を低利または無利子で貸付け、経済的自立が送れるよう支援する制度です。

資金の種類

総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
失業者などが生活の立て直しのために一時的な資金及び生活費等の継続的支援を必要とする場合
福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
低所得及び高齢者世帯等に対し、日常生活を維持するために一時的に必要とする場合
教育支援資金
低所得世帯に対し、高等学校、専門学校、大学等に就学する場合
不動産担保型生活資金
低所得の高齢者に対し、不動産を担保として貸付ける資金

詳しくは喜多方市生活サポートセンターへご相談下さい。

お問い合わせ先

詳しくは下記までお問い合わせ下さい。

本所
0241-23-3231
熱塩加納支所
0241-36-3112
塩川支所
0241-27-3948
山都支所
0241-38-3100
高郷支所
0241-44-7111