会長あいさつ

就任あいさつ

喜多方市社会福祉協議会長 齋藤 勇

このたび、令和元年6月18日に開催されました理事会において、本協議会会長に選任されました。
長年、喜多方市社会福祉協議会を牽引されてこられた武藤前会長からのバトンタッチでもあり、会長という職責の重大さを痛感し、身の引き締まる思いであります。

さて、社会福祉を取り巻く近年の環境は、少子高齢化の進行に伴う一人暮らし高齢者の増加、社会的な孤立の問題や経済困窮世帯への対応等、公的なサービスだけでは解決できない諸問題が増えてまいりました。

そのようななか、本協議会では従来の地域福祉事業や介護事業に加え、市委託事業としての地域包括ケアシステムの推進や、生活困窮者自立支援法に基づく生活サポートセンターの運営、更には高齢者の総合相談窓口としての地域包括支援センターの拡充などに取り組み、地域の皆様が抱える福祉課題の解決に向けた取り組みを推進しており、今後はより一層市民の皆様の負託に応えられる事業運営に努め、本協議会の理念でもございます「誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり」の実現に向け、地域福祉を推進する中核的な民間福祉団体として、役職員一丸となり、その使命を十分に発揮できますよう、微力ではありますが、精一杯の努力を重ねて参る所存であります。

どうか、市民の皆様のご理解とご協力、ご支援を賜りますよう切にお願い申し上げ、就任にあたってのあいさつといたします。

(令和元年6月18日)